借金をする前に考えるべきこと

 

急なピンチは誰にでもやってきます。でもそんなときに、何も考えずに借金をしてしまうと後で取り返しのつかないことになりかねません。借金をする前に考えるべきことをまとめてみました。

 

 

誰から借金する?

 

 

考えられる急なピンチとはどのようなものでしょうか?まず、出費がかさむものとして引っ越しや転勤、入学などのライフスタイルの変化が挙げられるでしょう。引っ越しにはお金がかかりますし、また入学金や勉強に必要なものを揃えたりするだけでもかなりの資金が必要になります。またありがちなのが結婚式などのご祝儀を出さなくてはならない状況です。

 

近しい人の結婚などとなると、まとまった額が必要になるでしょう。すぐに用意しなくてはならないためピンチとなり得ます。そんなときに誰から借金するか?と考えると、まずは親の顔が思い浮かぶでしょう。家族からお金を借りる際には、かなり気を遣うものです。

 

まずお金を借りる理由を説明しなければならないでしょう。親であればうるさく事情を聞いてくる可能性もありますし、その理由が言い辛いものであれば借りるのをためらってしまうでしょう。

 

借りる際には、返す期限を設定するのがベターです。貸すほうとしても気持ちが楽ですし、何より信頼関係を損なわないためにも、踏み倒すような真似はしないことをわかってもらいましょう。返す期限を設定したら、その期限内に返せるように力を尽くしましょう。家族といえど、信頼関係を損なうとまた信頼を勝ち得るのには時間がかかります。
 
家族間の関係に甘えることなく、お金の問題は抱えないように努力しましょう。次に思い浮かぶのが、彼氏や彼女の顔でしょう。ですが恋人からお金を借りるのにも注意が必要です。彼氏であれば、あなたが困っていれば確実に力になってくれるでしょう。

 

ですがそれが何回も続くと、彼氏のほうにも経済的な負担を負わせてしまいます。また返済が滞れば、今後の信頼関係にひびが入るかもしれません。金の切れ目が縁の切れ目、とまではいかないかもしれませんが、やはり借金の返済をしてくれない恋人には愛想を尽かしてしまう可能性も多いでしょう。彼女からお金を借りるときには、できるだけ緊急の事態だと思ってもらう必要があるでしょう。

 

そのために一番良いのは、「風邪をひいた」という理由です。それだけでなく、「風邪をひいたので病院に行きたいが手持ちがない」または「今日中にしなきゃいけない払い込みがあるんだけど・・」などと言い訳できるかもしれません。そうすれば、彼女からかなりの確立でお金を借りることができるでしょう。彼氏や彼女からお金を借りることができたとしても、甘えることなくすぐに返すよう努めましょう。

 

 

友人や知人からお金を借りる際には正直にお金を借りたい理由を話しましょう。誠実に丁寧に状況を説明することで、友人や知人もお金を貸す気持ちになるかもしれません。誠実さがポイントです。また返済の方法も具体的に説明する方法があります。

 

いつまでに返すのか、何回かに分けて返すのかを決めましょう。自分の収入はどれくらいあって、いま必要な額がどれくらいで、どれほど必要なのか。またどれほど緊急に資金が必要なのかを説明しましょう。

 

友人や知人に説明する前に、ある程度上記の情報を自分の頭の中でまとめておきましょう。友人や知人と実際に話すときには明解にすべてを説明できるようにしておくと効果的です。

 

親しい間柄であったとしても、お金を借りるのであれば借用書を作ると良いでしょう。原本を貸主に保管してもらい、自分でも一部保管しておきましょう。

 

 

 

キャッシングのいろは

 

キャッシングの方法は、大きくわけて3つあります。「銀行系キャッシング」「消費者金融系キャッシング」「信販系キャッシング」の3つです。消費者金融系クレジットカードを利用する際には断然に審査が通るまでの時間が早いことが挙げられます。急に出費がありまとまったお金が必要、次の給料日までの間だけでも何とかしたい、という場合に利用する人が多いようです。また消費者金融であれば借り方が様々ありますので、スマートフォンやタブレットなどからインターネット上で便利に申し込みや借り入れができるでしょう。

 

24時間申し込み可能なので、わざわざ店頭にいく必要もなく忙しい現代人むけであると言えます。また保証人がいらないので、家族や友人に迷惑をかけたくない場合にも便利です。カードローンの中でも個人むけの商品は、使い道が自由で保証人も必要ないでしょう。

 

ですが事業資金として利用することはできません。その点、銀行カードローンならば事業資金として専用のカードローンを申し込むこともできます。銀行系のカードローンを利用する最大のメリットは、「総量規制」の対象外となるという点です。「総量規制」とは、年収の三分の一までしか借り入れができないという法律です。

 

銀行系のカードローンでキャッシングした場合、年収の三分の一を超えたとしても借り入れが可能なのです。高額の借り入れをする人が多いため、利息の設定も低めになっています。返済のためにかかる額も少なくなることでしょう。

 

銀行系のカードローンを使うならば、自動融資機能がある場合が多いでしょう。自動融資機能とは、口座引き落としの日に口座に残高がない場合、自動的に足りない分の融資をしてくれる機能のことです。

 

公共料金の支払い、クレジットカードの引き落としなどに使えて、引き落とし不可能のためカードが止められたりガス水道が使えなくなったりする心配もないのでとても便利です。自動貸越、という機能を使えばキャッシュカードで口座からお金を引き出す際に自動的にお金が貸し出されます。

 

クレジットカードのキャッシングを使用する際のメリットとは何でしょうか?クレジットカードのキャッシング機能を使うと、お金が急に必要になったときにすぐにお金を用意することができます。さらに一括返済や分割返済も選べるので、計画的に返済を行うことができるでしょう。ですがクレジットカードでのキャッシングの場合、ショッピングに比べて金利が高くなるのが難点です。またクレジットカードの会社によって、キャッシング枠とショッピング枠が別々ではなく一緒になっている場合もあります。

 

クレジットカードの利用契約をよく確認してから利用しましょう。

 

 

 

キャッシングする際に確認するべき金利

 

 

契約文面だけでなく、キャッシングを利用する前には金利などの条件を確認する必要があります。金融会社には、お金を貸すときにつけられる金利の上限が法律で定められています。これを利息制限法といいます。この法律により、違法な高利で借金をすることがないように消費者が守られているのです。

 

この利息制限法により定められているのは20%です。そのため、金融会社で借金する際には20%を超える金利を請求される可能性はありません。本来20%の金利を請求されることはありません。目安は18%程度でしょう。キャッシングする際には、その会社の金利も見て検討しましょう。

 

金利は一般的には年利と記載されていますが、まれに月利と記載されているものもあります。年利とは、借入額に対して一年間のうちにかかる利息の金利を指します。対して月利とは、借入額に対して1ヶ月のうちにかかる利息の金利を指します。年利を月利を見た場合に、月利のほうが金利が低く見えることがあるでしょう。しかしトータルで計算してみると、月利で払ったほうが高くつく場合が多いのです。しっかり計算してからプランを選びましょう。

 

キャッシングを選ぶ際に、多くの人がもっとも重視しているのが実質年率、金利です。特に多額のキャッシング、あるいは長期間のキャッシングを予定されている場合は、低金利のキャッシングを選ぶことで支払いの額が大幅に変わるでしょう。年利は計算がわかりづらいのですが、例えば100万円を一年間借りるとすると、0.5%年利が異なるだけで5000円も支払い金額が上がってしまうのです。

 

そのため賢く低金利のキャッシングを選ぶことは一番重要です。

 

 

 

最短審査ですぐキャッシング

最近は忙しい現代人のために、より早い審査をすることがサービスの重要ポイントとなっています。

 

キャッシングの際の申し込みの条件と必要なものを確認しておきましょう。一般的には申し込みができるのは、安定した収入のある20歳以上70歳未満の方です。

 

会社員でないとしても、アルバイトやパートなど収入があることが証明できるのなら融資が可能な場合があります。キャッシングの申し込みの際には本人確認書類が必要です。パスポート、運転免許証、保険証、住民票などを提出することができます。

 

上記に加えて、希望借入額によって収入証明書類、収入印紙などが必要となります。借り入れをする会社により上限は異なりますがまた他社でも借り入れをしている場合、他社での借入額の総額が100万円を超えてしまう場合はやはり収入印紙が必要となります。

 

最近ではお近くのローン契約機でも、簡単にカードローンのお申し込みができます。ローン契約機とは店舗に設置されているカードローン契約専用の機械のことです。

 

ローン契約機でのカードローン契約の際に必要なものは本人確認のできる書類と、300万円を超えるカードローンの際には年収の確認できる書類です。

 

総量規制対象外のおすすめローン徹底比較サイト

 

 

 

おすすめキャッシング5選

 

プロミスの特徴

プロミスならば、それぞれの都合にあった審査の方法を選ぶことができます。インターネットならば24時間受付中!いつでもどこでもキャッシングのお申し込みができます。入力項目も少なく、最短30分ですべての入力が完了します。入力した内容をもとに一次審査が行われ、すぐにその結果が知らされることでしょう。

評価 評価4.5
プロミスの総評

プロミスでは、プロミスならではの豊富なキャッシングサービスを揃えています。

女性専用のレディースキャッシング、複数のローンをひとつにまとめるおまとめローン、自営者のための自営者カードローン、口座振替が利用できる目的ローンなどなどです。

目的に合わせて使えるプロミスのカードローンを利用しましょう!

 
 

アイフルの特徴

はじめてのキャッシングのお申し込みならば、アイフルなら利息が最大30日間無料で利用できます。しかもお急ぎの方には、ほかの融資会社よりも断然早い融資可能回答をすることができます。

評価 評価4
アイフルの総評

アイフルがキャッシング初心者に選ばれているのは、利息が無料になるだけでなく簡単で使いやすいサービスを提供しているからです。

アイフルならば、たったの4段階でキャッシングのお申し込みが可能です。本人確認証(パスポートや運転免許証)と収入証明書を用意の上、インターネットか電話か来店にて申し込みをします。その後審査の合否が電話かメールにて知らされます。

その後のご契約手続きも、インターネットか来店、または郵送にて行うことができます。忙しくてなかなか店舗に行けないという人、またはお急ぎの方にも利用しやすい申し込み方法です。すべての手続きが済めば、全国のコンビニや支店のATMにて借入が可能です。

 
 

モビットの特徴

モビットならば、全国どこにいてもインターネット上でカードローンの利用開始の申込ができます。パソコン、スマートフォン、タブレットからも申込が可能で、最短30分で審査完了します。

評価 評価4
モビットの総評

モビットならば、全国どこにいてもインターネット上でカードローンの利用開始の申し込みができます。パソコン、スマートフォン、タブレットからも申し込みが可能で、最短30分で審査完了します。

審査後には電話かEメールにて審査完了の報告がされます。審査完了後にはカードの受け取り方法を選び、カードが届いてからモビットから必要書類が送付され、記入後返送することで手続きが完了し、利用開始となります。

インターネット申し込みの場合、「WEB完結申し込み」を選ぶこともできます。ネットで申し込みから利用開始まですべてが完結する便利なシステムです。「WEB完結申し込み」の場合、カードの受け取りも必要ありません。

メールにて入会完了のメールを受け取ったら、すぐに利用開始となります。どんどん便利になるキャッシング業界、賢く利用して、安心な借り入れを選びましょう。

 
 

三井住友銀行カードローンの特徴

三井住友銀行のカードローンならば、三井住友銀行のカードをお持ちでない方も最短30分で審査が完了します!まずはインターネットにて三井住友銀行のカードローン審査窓口で申し込みをします。

評価 評価3.5
三井住友銀行カードローンの総評

すでに三井住友銀行のカードをお持ちの場合は、普通預金のキャッシュカードでの利用も選ぶことができます。カードローン口座に普通預金口座として自動的に登録されるでしょう。

カードローン専用のカードが発行された後には、三井住友銀行の窓口、あるいはコンビニのATMなどで全国どこにいてもカードローンの使用が可能となります。
 
ATMの使用の手数料は無料で、時間外にATMを使用したとしても手数料が加算されることはありません。使えるATMは、三井住友銀行ATM/イーネットATM、ローソンATM、セブン銀行ATM、ゆうちょ銀行ATMなどがあります。

足りない!と思ったときにすぐにコンビニでローンが可能なので、お出かけでも旅行先でも安心して楽しむことができますね。

 
 

みずほ銀行カードローンの特徴

みずほ銀行のカードローンならば、最短で即日利用が可能になります。しかも24時間審査申し込み受付中なので、いつでもどこでも申し込みが可能です。「WEB完結申し込み」ならばインターネット上ですべてのお申し込みが可能となります。忙しいとき、出先などでもすぐにカードローンの利用開始が可能なのです。

評価 評価3
みずほ銀行カードローンの総評

みずほ銀行のカードローンを利用する際には、ふたつの借り入れプランから選ぶことができます。

自分の利用したい額、年収によりぴったりのプランを選ぶことができるので、無駄がなくカードローンを利用することができます。

エグゼクティブプランの基本金利は、年収300万円未満ならば年7.0%です。
コンフォートプランの場合の金利は、年収が100万円未満の場合、基準金利は年14.0%となります。

 

 

更新履歴